カフェイン化学式
カフェインには、
眠気を覚まして集中力を高める効果や利尿効果、
多くの医薬品の一成分として処方されている薬理効果等があります。

しかし、マイナスのイメージがあるのも事実。
カフェインについて正しく学んでいきましょう。
 

主なカフェインの効果

覚醒作用

覚醒作用

脳内にある眠りを誘う受容体(アデノシン受容体)と結合し、アデノシンの働きを抑えることで脳を覚醒させる作用があります。

利尿作用

利尿作用

血液の流れが良くなり、栄養の運搬が促され、その結果として利尿作用が起こります。

カフェインは一時的に血圧を上昇させる傾向にありますが、尿の量を増やし血液の中から余分な水分を減らすことで、血圧を下げる効果も期待できます。

脂肪燃焼作用

脂肪燃焼作用

基礎代謝が上がり、脂肪を遊離させ内臓脂肪並びに皮下脂肪を燃焼することが分かっています。運動前に摂取することでより効果が高まります。

 

しかし、

健康志向の方からは、

カフェインは身体に良くないし控えている

という声もよく聞きます。

それはどういうことか?

エナジードリンク

適量を取ると疲れが取れたり、良い効果が豊富にあるカフェインですが、大量のカフェインを含有しているエナジードリンクやカフェインを単一で抽出したサプリによって、身体に悪影響があることが分かっています。
  

天然のカフェインと科学的なカフェインは全く別物

オーカーに含まれる天然の植物から摂取するカフェインもあれば、カフェインだけを抜き出したもの、合成しカフェインの化学式としたものもあります。

カフェインが含有していると、副作用の可能性を低くし、他の成分の薬効を大きく引き上げるため薬の原価を抑えられるという事情もあり、医薬品の多くは水分子を含まない無水カフェインが使用されています。

調べていくと、天然の植物からのカフェインによって悪影響が起きたり、死亡事故が起きたとされるケースはありませんでした。

私たちの素材に含有しているカフェイン

コーヒーチェリー

100%ピュアのこだわりの栽培法による

植物由来の天然カフェインを

デカフェ(カフェインレス)にすることなく、

「ありのまま(自然のまま)」

一物全体の考えで使用しております。

カフェインが苦手な方はこちら